[掲示板に戻る]
過去ログ[114]

過去ログ:
ワード検索: 条件: 表示:


[52672] 投稿者:秋葉 澪 投稿日:2017/03/24(Fri) 08:51
いきなり
欲しいを
当てられると
そこらじゅうに乱舞する
待つと叶う
[52672へのレス] 投稿者:とことん 投稿日:2017/03/24(Fri) 09:05
そうかあ、狂喜乱舞しなかったからあとが無いのかも
子どもの時も今も、そういう表現が出来なくて^^;
[52672へのレス] 投稿者:ゆうゆう 投稿日:2017/03/24(Fri) 09:38 <HOME>
3行目は手に入ったと同じ意味あいのかしら?5行目との関係がちょっとよくわからなかったm(__)m
[52672へのレス] 投稿者:秋葉 澪 投稿日:2017/03/24(Fri) 10:00

5行目は待つ&叶う のつもりでした。因みに最初4.5行目
待つ 叶うが
もう踊る
デシタ。コメント指摘ありがとうございます。
[52672へのレス] 投稿者:王生 投稿日:2017/03/25(Sat) 07:00
↑5行目がつながりにくい気がしたので、この方がわかりやすくてすんなり入ってくると思います。
[52672へのレス] 投稿者:秋葉 澪 投稿日:2017/03/25(Sat) 10:03
↑ありがとうございます(^−^)

[52664] 投稿者:とことん 投稿日:2017/03/24(Fri) 08:35
子どもの時
欲しかった物
大人になって
手にしても
歓びは少なくて
[52664へのレス] 投稿者:秋葉 澪 投稿日:2017/03/24(Fri) 09:02
まさに下の回転するお菓子がそうでしたね〜
あんなに欲しかったのに既に遅し。
[52664へのレス] 投稿者:ゆうゆう 投稿日:2017/03/24(Fri) 09:34 <HOME>
そういう現実は、さみしい一方で、自分が成長したってことかなって思えるし・・・
[52664へのレス] 投稿者:王生 投稿日:2017/03/25(Sat) 07:02
欲しいときに欲しいものを手に入れないと後からでは色褪せてつまらないですね。今までたくさんそんなものがありました。

[52663] 投稿者:王生 投稿日:2017/03/24(Fri) 07:31
大人になった今も
デパ地下で
回転する菓子機を
見続けている
幼い自分がいる

[52663へのレス] 投稿者:とことん 投稿日:2017/03/24(Fri) 08:38
1回も買ってもらえなかった^^;
いろいろなお菓子が回っていて
量り売りになっていて
そう、その菓子機ずっとあるんですよね^^
[52663へのレス] 投稿者:秋葉 澪 投稿日:2017/03/24(Fri) 08:59
あぁわかるぅ〜あれは憬れでした。こどもの頃叶わず、自分で買えるようになって買ってみたものです。
[52663へのレス] 投稿者:ゆうゆう 投稿日:2017/03/24(Fri) 09:32 <HOME>
回転木馬、回転ずし・・・回転するものって、欲求を更にそそられるのでしょうね(*^_^*)
[52663へのレス] 投稿者:つだみつぐ 投稿日:2017/03/24(Fri) 09:43
とことんさんのコメントでわかった。ああ、あれね。
目の前に色とりどりのお菓子が次々に現れて好きなものを好きなだけとっていい、と、もし言われたら、お菓子好きの子供なら狂喜するのはとてもよくわかる。
すごい発明だなあ・・・・

[52657] 投稿者:秋葉 澪 投稿日:2017/03/23(Thu) 17:21
居残りの冬を
包み込んで
今日の雨は
冷たい
[52657へのレス] 投稿者:秋葉 澪 投稿日:2017/03/23(Thu) 17:23
あっ摘みそびれてました(~_~;)
5行め
一粒ずつの雫 にします。
[52657へのレス] 投稿者:ゆうゆう 投稿日:2017/03/23(Thu) 19:23 <HOME>
「居残りの冬」が面白いわ。摘むことを考えなければ、5行目は「雫」だけのほうがすっきりしますね。
[52657へのレス] 投稿者:王生 投稿日:2017/03/24(Fri) 08:37
↑私も雫だけのほうがいいと思います。季節の移ろいを繊細にとらえた言葉が素敵。
[52657へのレス] 投稿者:とことん 投稿日:2017/03/24(Fri) 08:40
居残りの冬、良いですね^^

[52656] 投稿者:雅昭 投稿日:2017/03/23(Thu) 11:57
こころの重しを
一枚々々
剥がすように
春の風になり
サクラの蕾も膨らんでいる
[52656へのレス] 投稿者:秋葉 澪 投稿日:2017/03/23(Thu) 17:27
1〜3行目、重しを剥がすっていいですね。
胸の内側から、サクラの蕾の内側に切り替わる所も。
[52656へのレス] 投稿者:ゆうゆう 投稿日:2017/03/23(Thu) 19:20 <HOME>
春の風が、自分の心と桜の蕾にやさしく語りかけ寄り添ってくれているようですね。
[52656へのレス] 投稿者:王生 投稿日:2017/03/24(Fri) 08:40
この季節はだんだんと身も心も軽くなっていくよう。そんな様子が歌全体にあふれているわ。

[52653] 投稿者:雅昭 投稿日:2017/03/23(Thu) 11:42
「ある感想」

この行は要らない
…と云うのは簡単
どうして不要なのか
説明が無いと
作者は困るばかりで
[52653へのレス] 投稿者:雅昭 投稿日:2017/03/23(Thu) 11:45
五行目は
作者は困るばかりです

,,,に、訂正します
[52653へのレス] 投稿者:とことん 投稿日:2017/03/23(Thu) 11:48
申し訳ありませんでした
その行が無くても会話も他の行でわかりました
哲学というのもその言葉が無くてもわかるお歌でした
説明文がない方が素敵なお歌だと感じました
でも、余計なことを申しました、ごめんなさい

[52647] 投稿者:秋葉 澪 投稿日:2017/03/23(Thu) 11:28
最期の姿が
人は孤独と
突きつけられたように
刺さってる
あの日
[52647へのレス] 投稿者:ゆうゆう 投稿日:2017/03/23(Thu) 11:35 <HOME>
いくら愛する家族に囲まれていても、最期はひとりで行かなければならないということを、つくづく思わされる瞬間ですよね。
[52647へのレス] 投稿者:王生 投稿日:2017/03/24(Fri) 08:46
こういう時、自分は自分で一人であるということをしみじみ感じます。

[52638] 投稿者:とことん 投稿日:2017/03/23(Thu) 11:15
夕暮れの空を
見ている私に
もう行くわよ
キリがないからって
日が沈むのはもうすぐなのに
[52638へのレス] 投稿者:とことん 投稿日:2017/03/23(Thu) 11:16
出遅れました、1つ下読み^^;
[52638へのレス] 投稿者:ゆうゆう 投稿日:2017/03/23(Thu) 11:21 <HOME>
自分が大切に思うものが他人にとっては詰まらなく思える事だったり・・・感覚のずれによる残念なことってありますね( ;∀;)
[52638へのレス] 投稿者:秋葉 澪 投稿日:2017/03/23(Thu) 11:37
そうそ、感覚の違い、価値のずれはこんな場面に現れますよね〜キリがないと感じる長さが残念でしたね、
[52638へのレス] 投稿者:王生 投稿日:2017/03/24(Fri) 08:50
がっかりしますね。でも自分も人をがっかりさせていたのかもとこの頃よく思い当たるのです。親は私をがっかりしていたなぁって。

[52637] 投稿者:ゆうゆう 投稿日:2017/03/23(Thu) 11:12
誰も気づかなかったから
よけいに
心の目に刺さる
スルーしてしまった
あのこと
[52637へのレス] 投稿者:とことん 投稿日:2017/03/23(Thu) 11:17
有りますね、そういうこと
でも、なるべく忘れるようにします、仕方が無かったと思って
[52637へのレス] 投稿者:秋葉 澪 投稿日:2017/03/23(Thu) 11:33
気付かれなくてセーフという時もあるけど、自分は気付いてたのにその自分をみてみないふりした時など、印象が濃く残ってしまうことありますね〜
[52637へのレス] 投稿者:王生 投稿日:2017/03/24(Fri) 08:52
あの時スルーしていなかったらということがあります。小学校のころなのにまだ後悔しています。

[52631] 投稿者:王生 投稿日:2017/03/23(Thu) 06:32
誰も見ていない時に
崩れ落ちた
氷山のよう
人の痛みは
気づきにくくて
[52631へのレス] 投稿者:ゆうゆう 投稿日:2017/03/23(Thu) 11:17 <HOME>
氷山が人の痛みとして感覚的に伝わってきますね。
[52631へのレス] 投稿者:秋葉 澪 投稿日:2017/03/23(Thu) 11:19
言い得てますよね〜1〜3行目ほんとその通りだと思いました。だから気付いた時に伝えるべきで、誰かに気付かれると救われるのだと思います。
[52631へのレス] 投稿者:とことん 投稿日:2017/03/23(Thu) 11:22
突っ張って生きていると、自分の痛みは、見られたくない、氷山のように知らないところで崩れたい
でも人の痛みは早く気付いて寄り添いたい…
気づかなかったことに、ごめんねと思うような優しい思いを感じます

[52626] 投稿者:とことん 投稿日:2017/03/22(Wed) 18:41
部屋の隅に
落ちたまま
しぼんで やっと
風船であることを
維持してる
[52626へのレス] 投稿者:つだみつぐ 投稿日:2017/03/22(Wed) 19:53
ただ部屋の隅の風船を写真のように描写しただけで、淋しいとも悲しいとも書いていない。
たぶん、そう書くよりずっと、そのことが伝わるから。
[52626へのレス] 投稿者:王生 投稿日:2017/03/23(Thu) 06:35
空気が入っていないけれど風船は風船。割れたのではなくしぼんだのですね。なんともさびしい。
[52626へのレス] 投稿者:秋葉 澪 投稿日:2017/03/23(Thu) 11:12
風船てしぼんでしまう末路の方がせつないですね。
[52626へのレス] 投稿者:ゆうゆう 投稿日:2017/03/23(Thu) 11:31 <HOME>
切なさと同時に、人生の有り様というか、それはそれで自然の摂理のようで受け入れなくてはという思いもします。ごくろうさまでしたって。

[52625] 投稿者:ゆうゆう 投稿日:2017/03/22(Wed) 14:51
序奏で膨らんだ
期待の風船
パンと弾かせるか
徐々に空気を抜くか
最終章は悩ましい





[52625へのレス] 投稿者:とことん 投稿日:2017/03/22(Wed) 18:45
ほんとに悩ましい^^
パンとはじけたいか手に持つことが出来る柔らかさにしたいか
期待…ですからね^^
他のことにも思いを致すことが出来るお歌ですね^^
[52625へのレス] 投稿者:王生 投稿日:2017/03/23(Thu) 06:38
「最終章」だから納得いくようにしたいけれど、自分の気持ちを見極めることがまた難しいですね。
[52625へのレス] 投稿者:秋葉 澪 投稿日:2017/03/23(Thu) 11:10
自分で自分の本当の気持ちを判断しかねる難題ですね。