[掲示板に戻る]
過去ログ[115]

過去ログ:
ワード検索: 条件: 表示:


[52965] 投稿者:とことん 投稿日:2017/04/06(Thu) 10:16
桜の花びらを
集めてもう一度
空からまいても
おなじようには
舞ってくれない
[52965へのレス] 投稿者:王生 投稿日:2017/04/07(Fri) 09:00
同じような状況を作り出しても結局は偽物で感動もないですね。虚しい気持ちを呼び起こします。
[52965へのレス] 投稿者:秋葉 澪 投稿日:2017/04/10(Mon) 06:48
そうですね。おなじようなは二度とない、という喩えにあてはまるかもしれませんね。一期一会とういうことばが浮かびます。

[52962] 投稿者:秋葉 澪 投稿日:2017/04/06(Thu) 09:07
へらならゴムべら
混ぜる集める
ボールの材料をくまなく
すくえる
使える第三の手
[52962へのレス] 投稿者:とことん 投稿日:2017/04/06(Thu) 10:19
私の人生というボールにもゴムべらが有ったら、夫の気持ちも私の気持ちも混ぜることが出来たのかもしれません^^
[52962へのレス] 投稿者:王生 投稿日:2017/04/07(Fri) 08:52
こんな便利なものがあったのか!と初めてゴムべらを使ったときは感激しました。「へら」を摘んでいるのがおかしい(^O^)深読みするのも楽しいお歌。

[52959] なんのこっちゃ(^^; 投稿者:王生 投稿日:2017/04/06(Thu) 04:40
夫という他人は
わざと
空振りをして
へらへら
笑っているだけなのです
[52959へのレス] 投稿者:秋葉 澪 投稿日:2017/04/06(Thu) 09:54
あんまり考えてない、考えないで済むよう面倒なことを取り込まない術かもしてません。
[52959へのレス] 投稿者:とことん 投稿日:2017/04/06(Thu) 10:22
自分へ対しての空振りならそれを見ても良いけど、他の人への空振りを見ていると情けなくなって笑えなくなる私
みんなそうなのかと思ってあきらめるしかないのかな…なんて、これこそなんのこっちゃですが^^;

[52955] 投稿者:とことん 投稿日:2017/04/05(Wed) 10:54
またげるような小川に
魚がいて
草原に座って
青い空が見えて
隣に彼が居たら
[52955へのレス] 投稿者:王生 投稿日:2017/04/06(Thu) 04:53
一行目の表し方が印象的ですね。のどかな風景の中で大好きな人と過ごしたい…「あこがれ」という言葉が浮かびました。
[52955へのレス] 投稿者:秋葉 澪 投稿日:2017/04/06(Thu) 09:46
童話のハッピーエンドの場面みたいですね♪大好きな人とはどこかこんな懐かしさを共有したい気がします。
[52955へのレス] 投稿者:つだみつぐ 投稿日:2017/04/06(Thu) 20:40
とてもロマンチック。
でも、五行目、おしい。
詩歌は言い切るのがいい。「隣にあなたがいるの」。

[52952] 投稿者:秋葉 澪 投稿日:2017/04/05(Wed) 10:05
今日は桜島が
良く見えるね
墓前にしゃがむと
きまって左の頬を
撫でる風
[52952へのレス] 投稿者:とことん 投稿日:2017/04/05(Wed) 10:56
お参りに良く来てくれたねと頬をなでられるのでしょうか^^
さわやかな、穏やかな、風を感じるお歌ですね^^
[52952へのレス] 投稿者:王生 投稿日:2017/04/06(Thu) 04:46
桜島が見えるお墓もいいし4、5行目の体感の表し方も個性的でいいお歌♪
[52952へのレス] 投稿者:つだみつぐ 投稿日:2017/04/06(Thu) 20:34
後半の風の描写、いいなあ。
ふわっと、世界が広がるみたい。
お母様への想いが広がるみたい。

[52946] 投稿者:王生 投稿日:2017/04/05(Wed) 09:35
ふと
足を止める
誰かの歌声が
かすかに流れている
四月の外人墓地
[52946へのレス] 投稿者:秋葉 澪 投稿日:2017/04/05(Wed) 10:19
外人墓地という場所で聴こえた歌声は、どこか異国に迷い込んだようで、知らない所に一瞬連れて行かれる不思議な感覚だったのかなぁという気がします。
[52946へのレス] 投稿者:とことん 投稿日:2017/04/05(Wed) 10:58
賛美歌が流れてきたのでしょうか、優しい歌声…
春の墓地はきっと穏やかなのでしょう

[52945] 投稿者:いぶやん 投稿日:2017/04/04(Tue) 21:27
鳴き声コンテストに
参加したくない
ウグイスも
きっといることだろう
そっとしといてあげよう
[52945へのレス] 投稿者:王生 投稿日:2017/04/05(Wed) 09:48
鳥にも個性があるということを詠んで、人間社会の「人はこうあるべき」という押し付けや鈍感さをゆるく批判している。うまいなぁと思います。
[52945へのレス] 投稿者:秋葉 澪 投稿日:2017/04/05(Wed) 10:08
鳴き声コンテストは人間社会にも通じる気がして4.5行目いいなと思いました。
[52945へのレス] 投稿者:とことん 投稿日:2017/04/05(Wed) 11:00
誰でも啼かなくちゃいけないことはなく
そっとしておく優しさはどんなことにでも大切なんですね

[52943] 投稿者:とことん 投稿日:2017/04/04(Tue) 20:29
ケーンケーン
鳴き声がする
雄のキジの
雌への優しさが
まぶしい
[52943へのレス] 投稿者:王生 投稿日:2017/04/05(Wed) 09:44
雌を呼ぶ雄の鳴き声に優しさを感じるのは作者が柔らかな心を持っているからでしょうね〜。
[52943へのレス] 投稿者:秋葉 澪 投稿日:2017/04/05(Wed) 09:54
雌とのやりとりだと感じる作者がやさしい。加えて
わたしはキジの鳴き声を聴いたことはあるのかないのかわかりませんが、この作者は鳥の鳴き声に精通しているのだと思いました。

[52941] 投稿者:秋葉 澪 投稿日:2017/04/04(Tue) 10:15
うぐいすの
鳴き声
批評しあったりして
のどかな
昼下がり
[52941へのレス] 投稿者:とことん 投稿日:2017/04/04(Tue) 20:31
うぐいすの初鳴きなんて
早く啼かせるようにしたことが有ったようです、昔
今は野鳥は捕まえちゃいけないから
この季節、うるさいほど啼きます
[52941へのレス] 投稿者:王生 投稿日:2017/04/05(Wed) 09:42
野山を散策しているのかな?ウグイスは最初は鳴き方が下手だっていうし、そういうことをおしゃべりしつつの和やかな時間なのでしょうね〜♪

[52937] 投稿者:とことん 投稿日:2017/04/04(Tue) 09:45
やかましいほど
ホーホケキョ
なかなか会えない
ウグイスは
でも愛でられている
[52937へのレス] 投稿者:秋葉 澪 投稿日:2017/04/04(Tue) 10:17
確かに姿を見たことがないけれど、耳はつられちゃいます。
一斉にそこかしこで聴こえる時がありますね〜
[52937へのレス] 投稿者:王生 投稿日:2017/04/05(Wed) 09:37
ウグイスは春告げ鳥ともいうし、誰にでもわかる鳴き声で季節の訪れを感じてうれしいです。

[52933] 投稿者:王生 投稿日:2017/04/04(Tue) 07:46
薔薇もきれい
百合もきれいじゃイヤ
あなたの特別でいたいから
花のように私を
愛でないで
[52933へのレス] 投稿者:とことん 投稿日:2017/04/04(Tue) 09:49
あなたの特別でいたい・・・私にだけの笑顔、私にだけの言葉、私にだけ会って欲しい
女心のお歌ですね^^
[52933へのレス] 投稿者:秋葉 澪 投稿日:2017/04/04(Tue) 10:13
どっちもどれもじゃ対等ですものね。特別感にくすぐられるのがいいんですよね〜薔薇より百合が好きです。

[52929] 投稿者:とことん 投稿日:2017/04/03(Mon) 20:44
こどもの時
花壇にいれば
私でいられた
誰にも邪魔されない
心の置き場所だった
[52929へのレス] 投稿者:王生 投稿日:2017/04/04(Tue) 07:55
そうか〜。私も庭でダンゴムシやアリンコをいじって一人でいる時が寂しいけれど子供心にもくつろげると感じる時間でした。
[52929へのレス] 投稿者:秋葉 澪 投稿日:2017/04/04(Tue) 09:57
私はどこだったのだろう?こどもの時の心の置き場所。思いつかないなぁ〜