[掲示板に戻る]
過去ログ[112]

過去ログ:
ワード検索: 条件: 表示:


[51339] 投稿者:ひつじ 投稿日:2017/01/18(Wed) 07:44
夕方の
窓の明かりは
祖母の笑顔のよう
過ぎない愛が
心地よい
[51339へのレス] 投稿者:ゆうゆう 投稿日:2017/01/18(Wed) 09:38 <HOME>
4~5行目がナイスですね!!それを祖母の微笑みとされたのもぴつたりで。
[51339へのレス] 投稿者:王生 投稿日:2017/01/18(Wed) 10:03
「過ぎない愛」っていいですね。祖母だとワンクッション置いているから母親と違ってうまく加減ができることが多いですね。
[51339へのレス] 投稿者:つだみつぐ 投稿日:2017/01/18(Wed) 12:53
>過ぎない愛が/心地よい

「ほどほどの」とかの形容を思い切って超えて「過ぎない愛」って、切れがよくて簡潔で、惚れ惚れする表現です。
[51339へのレス] 投稿者:ソレイユ 投稿日:2017/01/18(Wed) 15:22
本当に「過ぎない愛」という表現
いいですね
[51339へのレス] 投稿者:秋葉 澪 投稿日:2017/01/19(Thu) 10:30
4.5行目いいですね!全体をやんわり包むかんじがします。

[51332] 投稿者:ゆうゆう 投稿日:2017/01/17(Tue) 19:33
家路を急ぐ冬の夜は
どんな灯りでも
ほっとするから
常夜灯でも
点けてでかけようか



[51332へのレス] 投稿者:ゆうゆう 投稿日:2017/01/17(Tue) 19:34 <HOME>
あ、摘んでいませんでした!「光」→「灯り」でm(__)m
[51332へのレス] 投稿者:ひつじ 投稿日:2017/01/18(Wed) 07:49
暗い家に帰るのは、嫌ですよね。私はタイマーで夕刻に電気が付くようにして出かけていましたよ。
防犯にもなりますしね。
[51332へのレス] 投稿者:ゆうゆう 投稿日:2017/01/18(Wed) 08:46 <HOME>
↑ あ〜なるほど、そういう手もありますね(^^♪
[51332へのレス] 投稿者:王生 投稿日:2017/01/18(Wed) 10:05
ホント、真っ暗って「あ〜」と気持ちが沈んでしまいます。暗くて寒い日はなおさらです。

[51327] 投稿者:とことん 投稿日:2017/01/17(Tue) 12:38
駅前にいる
車の光
迎えに来て待つ人に
愛はあるのか
義務と演技
[51327へのレス] 投稿者:ゆうゆう 投稿日:2017/01/17(Tue) 19:37 <HOME>
街の情景を見ていると、いろいろ想像してしまいますね。みる者の、その時の心の状態で見え方も色々違ってくるのでしょうね。
[51327へのレス] 投稿者:王生 投稿日:2017/01/18(Wed) 10:06
5行目が厳しくて自分自身の傷ついた心をさらしているようですね…

[51321] 書き変えました。 投稿者:いぶやん 投稿日:2017/01/17(Tue) 09:54
よかった
揺れていない
家具も蛍光灯も
あれは
夢だったのか

*1月17日午前5時56分

[51321へのレス] 投稿者:秋葉 澪 投稿日:2017/01/17(Tue) 10:17
反射的に身体が反応してしまう恐怖が残留している「あの日」なのだと思います。体験した者しかわからないものですね。
[51321へのレス] 投稿者:とことん 投稿日:2017/01/17(Tue) 12:41
22年前のこと、この日8時頃のニュースでひどいことになっていると知りました
関西も、東北も、熊本も結局揺れた人にしかわからない・・・のでしょうか
[51321へのレス] 投稿者:ゆうゆう 投稿日:2017/01/17(Tue) 19:41 <HOME>
恐怖を体験すると、それがトラウマになってしまいますね。
歌のつくりも説明的でなく、余韻があっていいですね。
[51321へのレス] 投稿者:王生 投稿日:2017/01/18(Wed) 10:11
↓だとちょっと勘違いしそうになったので、この方がすっきりわかりやすくていいと思いますm(_ _)m

[51320] 投稿者:秋葉 澪 投稿日:2017/01/17(Tue) 09:53
トイレに百ワット並
過剰光の私
滅多に笑わない
夫と母が
笑いかけてくれるようになった
[51320へのレス] 投稿者:とことん 投稿日:2017/01/17(Tue) 12:42
トイレの100ワット、無駄な明るさじゃ無くて良かったですね^^がんばってるんですね^^
[51320へのレス] 投稿者:ゆうゆう 投稿日:2017/01/17(Tue) 19:43 <HOME>
お年寄りや体の不自由な人がいれば、トイレは確かに明るい方がいいですね!気持ちまで明るくなったのでしょうね。
[51320へのレス] 投稿者:王生 投稿日:2017/01/18(Wed) 10:08
明るさは欠乏しているより過剰な方がいい。トイレの電気と人間関係をつなげたのが面白いわ。

[51318] 投稿者:王生 投稿日:2017/01/17(Tue) 09:28
雨粒に
車のライトの
光増し
駅前広場は
星空になる
[51318へのレス] 投稿者:秋葉 澪 投稿日:2017/01/17(Tue) 10:10
高い空は暗くても目の高さに空が現れたみたい。車のライトが雨粒をキラキラさせるとそう見えますね〜
[51318へのレス] 投稿者:とことん 投稿日:2017/01/17(Tue) 12:44
雨の日は、いつもより迎えの車が多いのかしら
田舎の我が家、迎えに行く人多いです
1つ1つ星が流れていくのでしょう^^
[51318へのレス] 投稿者:つだみつぐ 投稿日:2017/01/17(Tue) 18:35
王生さん、短歌形式も作られるのですね。わたしは初見のような気がしますが。これは完全に短歌として成立しますね。
最後にズームアウトのように美しい景が浮かび上がってくる。小さな一人一人を包み込むように。
[51318へのレス] 投稿者:ゆうゆう 投稿日:2017/01/17(Tue) 19:45 <HOME>
4,5行がメルヘンチックでいいですね。

[51311] 1月17日午前5時56分 投稿者:いぶやん 投稿日:2017/01/17(Tue) 07:50
よかった
揺れていない
家具も蛍光灯も
あれは歳月の彼方の
夢だった
[51311へのレス] 投稿者:王生 投稿日:2017/01/17(Tue) 09:34
もうそんなに時間がたったのかとほとんどの人が思っていることでしょう。私には4、5行目がちょっとしっくりこないのだけどm(_ _)m

[51305] 投稿者:とことん 投稿日:2017/01/16(Mon) 16:21
間違って
捨ててしまったもの
自分でもおどろくほど
執着がないことに
これが歳ということかと
[51305へのレス] 投稿者:ゆうゆう 投稿日:2017/01/16(Mon) 16:32 <HOME>
執着がなくなり段々と捨てていく・・・それは身軽になって最後は身ひとつで天に昇っていくための準備かなと思ったりします。
[51305へのレス] 投稿者:王生 投稿日:2017/01/17(Tue) 09:19
私も。今でも捨てなければよかったと思うものもありますが、案外あっさり諦めるような感じになってきました。おおかたはゴミだなぁ(^^;)
[51305へのレス] 投稿者:秋葉 澪 投稿日:2017/01/17(Tue) 10:07
高価な新品のモノだと捨ててたなら、差し上げた方がよかったと思えてしまう私ですけど〜執着はいろんな意味で減っていくのかも知れませんね。

[51303] 投稿者:ゆうゆう 投稿日:2017/01/16(Mon) 11:56
価値観は変わっていく
他人から否定されると
必死で守ろうとしていたのに
いま 自ら
あっけなく捨ててしまった
[51303へのレス] 投稿者:とことん 投稿日:2017/01/16(Mon) 16:23
今の私の気持ちにぴったり、どうして知ってるの?って思うくらい
って、話の内容はきっと全然違うけど
だから、もしかしたらこういうこと有ることなのかなと・・・共感しました
[51303へのレス] 投稿者:王生 投稿日:2017/01/17(Tue) 09:15
揺るがないと思っていた自分の考え方も少しずつ変わっていきますね。若い頃、妥協と見ていたこともすんなり受け入れたり…
[51303へのレス] 投稿者:秋葉 澪 投稿日:2017/01/17(Tue) 10:02
確かに、否定されるとついそうなるような気がします。が、自ら だと あっけなくってわかります!

[51292] 投稿者:秋葉 澪 投稿日:2017/01/16(Mon) 10:30
そこに
価値をおく度合いが
つりあわなければ
真実の追究なんて
無理なのだろう
[51292へのレス] 投稿者:ゆうゆう 投稿日:2017/01/16(Mon) 10:56 <HOME>
そうですね、価値観の違いが時間をかけて縮まっていく可能性があるなら別ですが、お互いの価値観を尊重し、認め合うということが出来ないと、なかなか困難な問題です。
[51292へのレス] 投稿者:王生 投稿日:2017/01/17(Tue) 09:13
自分と相手の価値観の違いをよくわかっていないと話になりません(-_-メ)

[51291] 投稿者:王生 投稿日:2017/01/16(Mon) 09:39
真実より
優しさのほうが
価値があることもあり
癒されたのは
君の嘘
[51291へのレス] 投稿者:秋葉 澪 投稿日:2017/01/16(Mon) 10:39
いろいろな状況が想像されますが、本当のことを報せまいと隠す君の嘘で打撃が半減されたら、傷つくことに対しての心づもりもできそうな気がします。
[51291へのレス] 投稿者:ゆうゆう 投稿日:2017/01/16(Mon) 10:52 <HOME>
愛し合っている者同士、嘘はつかないでほしいと願いつつも、苦悩に変わる真実なら、やはり嘘のままの方がいいと思えるし、心は微妙に揺れ動きます。

[51288] ずっと前の歌を手直しm(__)m 投稿者:ゆうゆう 投稿日:2017/01/15(Sun) 23:12
真実という苦悩を
私に送りつけた
あなたの顔には
微かな
安堵の色
[51288へのレス] 投稿者:王生 投稿日:2017/01/16(Mon) 09:26
真実はさぞ重く一人でかかえるのは大変だったのでしょう。今あなたの顔の表情を見ているのなら「送りつけた」というところがちょっと引っかかりますm(_ _)m
[51288へのレス] 投稿者:秋葉 澪 投稿日:2017/01/16(Mon) 10:46
真実=苦悩を間接的に受け取ったのでしょうか?手放した方は微かでも安堵だろうと思ったのでしょうか?
目の前でなら、投げつけたとかになるような気もします。
[51288へのレス] 投稿者:ゆうゆう 投稿日:2017/01/16(Mon) 10:49 <HOME>
↑↑「あなた」と「私」の関係により、確かに違和感を感じさせるかもしれませんね。これは夫婦間の事で、夫が秘密にしていたことを告白された妻の立場で詠んだものです。
3行目の「あなた」を「夫」と変えたほうがいいかな?
[51288へのレス] 投稿者:ゆうゆう 投稿日:2017/01/16(Mon) 21:06 <HOME>
説明が難しいですが、「送りつけた」という言葉には、側にいるのに、不気味なほど静かで、心から心の大きな距離をまたいで送られてきた重い荷物という感覚があったので。
[51288へのレス] 投稿者:王生 投稿日:2017/01/17(Tue) 08:32
↑なるほど。相手の心と自分の心の距離が「送りつけた」になったのですね。
[51288へのレス] 投稿者:秋葉 澪 投稿日:2017/01/17(Tue) 09:57
↑↑
そうだったのですね「送りつけた」には心の距離・温度差が感じとれますものね。